2月1日

仕事でちょっとしたパーティに招待されたので行ってきました。

 

もう仕事と遊びの境界線がボヤけてきて久しいので、偉い人が壇上で話してる間ずっとウィスキー飲みまくってたり、新事業説明の間ビール4本ほど開けたり、役員との質疑応答歓談時間にワインガバガバ飲んだり、気分が悪くなったので会場の外でパズドラやってたりしました。

やっぱタダで飲める酒ほど美味いものはないわけですよ。

もっといいのはタダで回せるレアガチャなんですが、最近は何のゲームで何ツモってもテンションが上がらないくらい「育てる時間ないや…」ってなってるので、本気で学生に時給出して育成代行依頼しようかと思って、考え直しました。

 

そんな私が今でもたまらなく楽しみにしてるのは、各種ガチャイベントで課金したのに爆死した画像を見ることなんですが、これについてあんまり長く言及すると人間性や品格と言った部分大きなマイナス補正をかけられかねないので、最高とだけ言って終わりにしたいと思います。

 

そういえばパズドラで北斗の拳コラボが始まるんですが、北斗は自分と同じ生年月日という事もあって中々思い入れの強い作品です。

北斗七星以外はif星いっぱい作品だったおかげもあり、同じ時期に流行った聖闘士星矢のように蟹座がいじめられなかったというのも大きな評価ポイントです。

北斗や星矢が流行っていたのは私よりもう少しだけ上の世代、現在35.6歳の人たちだと思うのですが、小学生における3,4年差というのは致命的で、青銅聖闘士と黄金聖闘士の差ほどに埋めがたい差があったのが私たちの世代の蟹座と魚座の悲劇でした。

北斗の拳も流行ったため、合体技のごとく「かに座とうお座だけが死ぬ秘孔」なんてのを上級生につつかれまくった少年時代。

こんな理不尽に虐げられてきた私たちかに座が、よくもまぁ放火犯とかにならずに社会の一員として生き残っているものです。

虐めた本人たちはすっかり忘れるのですが、虐げられた者の恨みは10年や20年では晴れません。現在になっても自分より3~4才上のふたご座や乙女座とは取引したくないと商談を断るレベルです。

特にふたご座、お前なんで偉そうにしてんだよ。外伝含めてお前らふたごが揉めたせいでどれだけ被害出てると思ってんだよ。お前んとこの聖闘士が基本一番戦犯だったり、大して役に立ってなかったり、パラドクス様だったりすんだぞ。お前らなんか牛以下だ牛以下。

 

 

なんで俺は藤堂ユリカさまと同じやぎ座じゃないんだ…。かぁさん…。