1月30日

仕事ばっかしててゲームできてないんですが、ここ数ヶ月でふと気づいたことを書いてみます。

 

結論から言うと、経営者とか役員って言葉に気を付けましょうってことです。

 

仕事柄自称経営者様と会う機会がすごく増えてるんですが、大半の経営者がメール1つスマホで満足に打てないという事例が多いです。

ipadをはじめタブレットを持ってたりするんですが、ランチョンマットにでも使ってやればいいのにと思うくらい機能してません。

 

そのくせそういう人種に限ってFacebookだけは血眼でやってるかという歪さがあります。

こういう人たちの恐ろしいところは、たいして使いこなせてもいないくせにネットが自分のビジネスを広げてくれたり、人脈を広げてくれると思ってるようです。

SNSを長くやっている人ならわかると思うんですが、SNSではよほどの鬼才でもない限り収益を産まないんですね。

文章がうまいとか、マーケティングが得意とか、毎日動画を取ってUPし続けられる根気があるとかそういうのです。

どれも並大抵の事じゃないのに、軽く見てる気配があります。

 

GmailとLineくらいまともに使えるようになってから言ってくれよ、ほんと頼むよ。

自称社長でメアドが@ドコモとか見るとその場でぶん殴りたくなるんですよね。

PCメールすら送れない欠陥アドレスをビジネスに持ち込む気かよって。。。

 

真っ当な社会人経験もない人が誰かに唆されて何となく起業したなんてのが世の中にはごろごろいます。ITもできなきゃ会計知識もない、下手すりゃ営業スキルから社会的常識までありません。

特にこれから社会に出よう~なんて考えてる学生さんたちには、資格以外の名刺に書いてる役職なんて全部「餅つき名人」って書かれてるのと同じだと思ってほしいものです。